〈神代(カミヨ)の時代〉紀元前~AD1100年頃 | 「平成大琉球繪巻」ヘイセイ ダイリュウキュウ エマキ

「平成大琉球繪巻」ヘイセイ ダイリュウキュウ エマキ

〈神代(カミヨ)の時代〉紀元前~AD1100年頃

〈神代(カミヨ)の時代〉紀元前~AD1100年頃
進む
  • 平成大琉球繪巻雲
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 平成大琉球繪巻雲
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 〈舜天・英祖・察度~浦添王朝時代~〉1187年~1405年
  • 〈神代(カミヨ)の時代〉紀元前~AD1100年頃
  • 平成大琉球繪巻雲
伝承が伝える沖縄の夜明け

沖縄県南部には、琉球開闢(カイビャク)にまつわる伝承が数多く残されています。現在も「神の島」と呼ばれる久高島から渡ってきたという、開闢神「アマミキヨ」の足跡を示す史跡も、多数点在しています。これらの伝承・史跡から、沖縄人の祖先は黒潮に乗って南方から渡来し、沖縄本島南部から全島に広がって行ったのではないかと、読み解くこともできます。
また、1165年頃に源為朝が今帰仁の運天港に漂着し、大里按司の妹との間に一児をもうけて、大和に帰ったという伝説もあります。その源為朝の息子・舜天が琉球初の王になったと、17世紀に編纂された琉球の歴史書「中山世鑑」は伝えています。
いずれの伝説・伝承の中にも、沖縄人のルーツを読み解く為の、興味深いヒントが隠されていると言えます。

前のページに戻る前のページに戻る
  • 沖縄料理 琉球料理の首里天楼トップ
  • お部屋
  • 沖縄料理
  • 琉球舞踊
  • 地図 情報
  • 琉球絵巻
  • 蘇る偉人
  • 首里天楼とは
  • WEBからのご予約
  • お電話からのご予約
最大300名様ご予約承ります
それ以上でもご相談下さい
  • オンラインショップ
  • 琉球式会席

Check
▼新店舗情報
恩納村に大型沖縄料理店!!
ランチ、島唄ライブ、お土産品店も!!
沖縄料理 風月楼 恩納本店