1719年12月1日の首里城下町 | 「龍潭重陽宴圖」りゅうたん ちょうようえん ず

「龍潭重陽宴圖」りゅうたん ちょうようえん ず

1719年12月1日の首里城下町

1719年12月1日の首里城下町
進む
  • 1719年12月1日 国を挙げての饗応
  • 1719年12月1日の首里城下町
首里城下町で爬龍競争を見物する人々

龍潭とは約600年前に首里城の北に造営された人工池です。重陽とは五節句の一つで9月9日を指します。タイトルの「龍潭重陽宴圖」とは、旧暦の重陽節に、中国からの使者「冊封使」をもてなすために、龍潭池で開いた宴の図、ということになります。
絵の右半分では、龍潭池での爬龍(はーりー)船競争を、船から見物する人々、汀に詰めかけた人々、首里の按司邸や市場などの様子が生き生きと描かれています。
1719年に来琉した冊封使の徐葆光(じょほこう)が、実際にこの宴の様子を「中山伝信録」という本に詳細に書き記しました。首里の古地図やその他の資料も下敷きにし、当時の情景を想像してこの絵は描かれています。1719年の重陽宴は新暦12月1日に挙行されたそうです。
一人一人の表情まで描き込まれた画面から、当時の人々の息づかいが聞こえてくるようです。

沖縄 琉球の歴史を伝える大絵巻前のページに戻る
  • 沖縄料理 琉球料理の首里天楼トップ
  • お部屋
  • 沖縄料理
  • 琉球舞踊
  • 地図 情報
  • 琉球絵巻
  • 蘇る偉人
  • 首里天楼とは
  • WEBからのご予約
  • お電話からのご予約
最大300名様ご予約承ります
それ以上でもご相談下さい
  • オンラインショップ
  • 琉球式会席

Check
▼新店舗情報
恩納村に大型沖縄料理店!!
ランチ、島唄ライブ、お土産品店も!!
沖縄料理 風月楼 恩納本店