阿摩和利の紹介|沖縄 琉球の歴史を彩る偉人達を蘇らせた絵画

阿摩和利(アマワリ)

勝連按司 (生年不詳~1458)

阿摩和利
放浪者から天下人を目指した勝連の英雄
阿摩和利は北谷屋良の生まれと言われていますが、その出生や生い立ちについての詳細は分かっていません。 ただ、十五世紀に勝連半島に現れ、民衆の心を掴んで当時の茂知附按司(もちづきあじ)に代わって按司となり「大和の鎌倉に喩えられる」ような勝連の繁栄を作り上げた英雄であることは様々な資料から伝えられています。若按司 阿摩和利はクモの巣を見て漁網を考案したり、勝連半島の地の利を活かして貿易で領地を富ませた知恵者でした。勝連地域に伝わるおもろ(古謡)には、『肝高の阿摩和利(きむたかのあまわり)』(志が高い)としてほめ]える唄が多数あります。

しかし他方、このような地方の繁栄は首里王府から見れば脅威でした。 尚泰久王は娘の百度踏揚(ももとふみあがり)を阿摩和利に降嫁させ、懐柔を計ったようです。王女を迎え、いよいよ繁栄を極めた阿摩和利でしたが、一四五八年に起きた『護佐丸・阿摩和利の乱』で一気に歴史から姿を消してしまいます。
琉球の正史によれば、琉球王になる野心を抱いた阿摩和利が、中城按司 護佐丸が謀反を企んでいると忠言し、自ら王軍を率いて護佐丸を征伐します。忠臣護佐丸はもとより刃向うつもりはなく自刃したのですが、邪魔者を打った阿摩和利は返す刀で首里を攻めようしました。しかし計画が露見し、今度は逆に首里に攻め滅ぼされたと言われています。
阿摩和利は地域によって真逆の人物像が伝わる、謎の多い英雄です。

参考資料『尚円王/尚真王』『琉球・沖縄 歴史人物伝』

『琉球王国 人物列伝』より抜粋


偉人の紹介
  • 尚巴志
  • 護佐丸
  • 宇喜也嘉
  • 尚真
  • 儀間真常
  • 高嶺徳明
  • 名護親方
  • 玉城朝薫
  • 蔡温
  • 阿摩和利
  • 羽地朝秀
  • 尚寧王
  • 尚敬王
  • 宜湾朝保
  • 牧志朝忠
  • 尚泰王
  • 恩納ナビ
  • 飛び安里
  • 百度踏揚
  • 仲地紀仁
  • 湛水親方
  • 吉屋チル




「懐かしさにも似た 深い歓びが 満ち溢れる」 ホテル百名伽藍(南城市玉城)
  • 沖縄料理 琉球料理の首里天楼トップ
  • お部屋
  • 沖縄料理
  • 琉球舞踊
  • 地図 情報
  • 琉球絵巻
  • 蘇る偉人
  • 首里天楼とは
  • WEBからのご予約
  • お電話からのご予約
最大300名様ご予約承ります
それ以上でもご相談下さい
  • オンラインショップ
  • 琉球式会席

Check
▼新店舗情報
恩納村に大型沖縄料理店!!
ランチ、島唄ライブ、お土産品店も!!
沖縄料理 風月楼 恩納本店