尚敬王の紹介|沖縄 琉球の歴史を彩る偉人達を蘇らせた絵画

尚敬王(ショウケイオウ)

第二尚氏王統十三代国王 (1700~1752)

尚敬王
琉球の文化芸能を大いに隆盛させた名君
尚敬王の治世は琉球のルネッサンスとも第ニ黄金期とも呼ばれる。今に伝わる文化芸能の多くが生み出された時代である。 尚敬王十二歳の時、その師に任命されたのは琉球随一の政治家・蔡温(さいおん)であった。実学主義のその教えに感銘を受けた王は、終生彼を側に置き重用したため、蔡温もその辣腕を遺憾なく発揮し王国の中興期をみごと実現させた。
同時代には、高名な教育者・程順則(ていじゅんそく)や組踊(くみおどり)を創作した芸能家・玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)、和文学を大成した平敷屋朝敏(へしきやちょうびん)など、多くの傑物が活躍した。農民の女性・恩納(おんな)ナビが即興詩を王に献じたのも、尚敬王が北部巡幸を行った時だという。
尚敬王は小国が生き残る術として教育と文化振興に意を注ぎ、適材適所の人材登用で琉球を文化大国へと導いた近世の名君であった。

「わが身つで見ちど よその上や知ゆる 無理するな浮世 なさけばかり」 尚敬王

(わが身をつねってみることで、他人の痛みも知る事ができる…)尚敬王作のこの琉歌は、時に政敵に対して苛烈な制裁を加える蔡温を諌(いさ)めたものであるとも言われている。


偉人の紹介
  • 尚巴志
  • 護佐丸
  • 宇喜也嘉
  • 尚真
  • 儀間真常
  • 高嶺徳明
  • 名護親方
  • 玉城朝薫
  • 蔡温
  • 阿摩和利
  • 羽地朝秀
  • 尚寧王
  • 尚敬王
  • 宜湾朝保
  • 牧志朝忠
  • 尚泰王
  • 恩納ナビ
  • 飛び安里
  • 百度踏揚
  • 仲地紀仁
  • 湛水親方
  • 吉屋チル




「懐かしさにも似た 深い歓びが 満ち溢れる」 ホテル百名伽藍(南城市玉城)
  • 沖縄料理 琉球料理の首里天楼トップ
  • お部屋
  • 沖縄料理
  • 琉球舞踊
  • 地図 情報
  • 琉球絵巻
  • 蘇る偉人
  • 首里天楼とは
  • WEBからのご予約
  • お電話からのご予約
最大300名様ご予約承ります
それ以上でもご相談下さい
  • オンラインショップ
  • 琉球式会席

Check
▼新店舗情報
恩納村に大型沖縄料理店!!
ランチ、島唄ライブ、お土産品店も!!
沖縄料理 風月楼 恩納本店