尚寧王の紹介|沖縄 琉球の歴史を彩る偉人達を蘇らせた絵画

尚寧王(ショウネイオウ)

第二尚氏王統七代国王 (11564~1620)

尚寧王
戦に破れ、江戸に上った受難の王
尚寧王は第二尚氏王統で唯一、浦添尚家出身の王であった。死後も首里の玉陵(たまうどぅん)ではなく浦添ようどれに眠っている。

1609年、薩摩藩の島津氏は徳川家康の許しを得て琉球に攻め入った。島津軍三千に対し琉球も四千の兵を集め、港の 大砲も用いて応戦したものの、歴戦の島津兵に首里城を包囲され遂に降伏にした。 時の国王・尚寧は島津氏に伴われて江戸へ行き、大御所・家康と対面した。幕府は琉球に日明貿易の仲介役を期待していたため、尚寧を外国の王として丁重に遇し琉球王国の存続を約束したものの、同時に薩摩の琉球支配をも認めた。以後270年間琉球王国は日中両国の強い影響下で難しい国家運営を行いつつも、華々しい独自の文化を育てて行くこととなる。 尚寧王は琉球の大きな転換点で、国難を一身に受けとめた国王であった。

「よかてさめ兄弟 親がなし御側 我身や余所島の あらのひと粒」 尚寧王

江戸に向う道中、尚寧王の実弟・具志頭王子尚宏が病で急死してしまう。異国の地で支えを失った王の心痛は計り知れない。


偉人の紹介
  • 尚巴志
  • 護佐丸
  • 宇喜也嘉
  • 尚真
  • 儀間真常
  • 高嶺徳明
  • 名護親方
  • 玉城朝薫
  • 蔡温
  • 阿摩和利
  • 羽地朝秀
  • 尚寧王
  • 尚敬王
  • 宜湾朝保
  • 牧志朝忠
  • 尚泰王
  • 恩納ナビ
  • 飛び安里
  • 百度踏揚
  • 仲地紀仁
  • 湛水親方
  • 吉屋チル




「懐かしさにも似た 深い歓びが 満ち溢れる」 ホテル百名伽藍(南城市玉城)
  • 沖縄料理 琉球料理の首里天楼トップ
  • お部屋
  • 沖縄料理
  • 琉球舞踊
  • 地図 情報
  • 琉球絵巻
  • 蘇る偉人
  • 首里天楼とは
  • WEBからのご予約
  • お電話からのご予約
最大300名様ご予約承ります
それ以上でもご相談下さい
  • オンラインショップ
  • 琉球式会席

Check
▼新店舗情報
恩納村に大型沖縄料理店!!
ランチ、島唄ライブ、お土産品店も!!
沖縄料理 風月楼 恩納本店